新着情報

2020/12/01
11月の黒点観測報告
11月に入り、太陽面にも頻繁に黒点が現れだし、16日に無黒点の日があったものの29日間の観測で南北15の群が出現し、相対数は全体で38.1と2018年からの最高値となりました。北は3.4と低調でしたが南は34.7と活発になってきました。目だった群としては3日に南半球の東縁にJ型で出現したのが中央付近ではE型となり東西12°の広がりまで発展しました、その後は15日にJ型となり西没しました。現在も南半球中央付近には4っの群が出現しています。     佐野康男

(14KB)

2020/11/29
黒点が賑わいを見せてきました
ここ2年ほど、低迷を続けていた太陽面も今年に入り上昇の兆しが見えていましたが11月にはやや複雑な形の群も現れてきました。今日の観測では北に1群・南に6群が見られて相対数も118と私の観測では2017年9月8日以来の100越えでした。写真は尾鷲の出口さんが撮影したものです。      佐野康男

499-1.jpg

2020/11/28
New Star Information 20201127
★ ペルセウス座に、発見星
     (TCP J04291884+4354232) ★


CBAT "Transient Object Followup Reports"に
発見情報が掲載され、伊勢天HPにも情報がありますように、
2020年11月 25.8071日(UT)、ペルセウス座に星が発見されました。
発見情報が多い昨今、この星は、Mag= 10.6 の明るさなので
早速、確認のため、撮影しました。
  添付しましたの写真は、Mag= 9.9 程度で写りました。by nazu

498-1.jpg

2020/11/27
ペルセウス座で10.6等星の新星発見!
11月25日19h22m JST ごろにペルセウス座で10.6等星の新星(Nova)が発見されました。
 α=04h 29m 18.84s
 δ=+43゜54’23.2” (2000.0)
2020/11/16
Internationl Space Station Flight Information 20201116
国際宇宙ステーション飛行予想情報20201116ISE_No_99

2020年11月17日から12月6日のISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

496-1.gif (109KB)

2020/11/15
定例観測会 再開しました
3月よりコロナウィルス感染予防のため休会していました観測会を感染予防を充分したうえで再開することとしました。11月14日に試験的に換気・消毒・ドーム内への人数・マスクなどを考慮しながら3名で火星・木星・土星などを観望し、問題点を話しあい、次回12月12日の観測会から本格的に再開することとしました。ただし伊勢志摩地方で急激なコロナ患者が発生したりした場合は開催を再検討します。             運営委員

495-1.jpg

2020/11/10
星のソムリエ養成講座のお知らせ
来年の日程等が送られてきましたのでお伝えします。3日間の受講とレポート提出で準星空案内人となれ、その後実技試験を合格すると星空案内人(星のソムリエ)に認定されます。 佐野

◆みえ星空環境案内人養成講座
日時・場所:
第1回 2月14日(日)10:00〜17:45
    三重県環境学習情報センター(四日市市桜町3684-11)
第2回 2月27日(土)10:00〜18:15
    四日市市勤労者・市民交流センター(四日市市日永東1-2-25)
第3回 3月6日(土)13:45〜18:45
    鈴鹿馬子唄会館、鈴鹿峠自然の家 天文台「童夢」(亀山市関町沓掛234)

参加費:全日程を通して2,500円 ※別途、教科書「星空案内人になろう」(技術評論社:1,580円+税)をご用意ください。
募集人数:15人(16歳以上 抽選) ※原則、全日程受講できる方
申込締切:1月20日(水)
http://eco-mie.sblo.jp/article/188015267.html
2020/11/09
11月の定例観測会
ながらく中止していました定例観測会を再開いたします。
11月14日(土)午後7時30分から行ないます。
コロナ感染予防のため各人マスクの着用をお願いします。
            運営委員

493-1.jpg

2020/11/06
Internationl Space Station Flight Information 20201106
国際宇宙ステーション飛行予想情報20201106ISE_No_98

2020年11月7日から11月16日のISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

492-1.gif (110KB)

2020/10/31
10月の黒点観測報告
黒点活動も、どうやら新しい周期に入ったといわれています。10月は25日間の観測をおこない、相対数は全体で14.2、北0.4、南13.7と確かに上昇してきました。無黒点日も9日間と1桁となりました。北半球ではB型の1群ですが30°の高緯度の位置にあり、南半球では4っの群が発生していますが、いずれも15°〜24°にあって低緯度の発生はありませんでした。26日南で発生した群はE型まで大きくなり31日には西没寸前です。この群はもしかしたら久々に回帰する可能性が期待できます。      佐野康男

(14KB)

- Topics Board -