新着情報

2021/07/02
木星の四大衛星が消失
天界7月号広瀬敏夫さんの記事によると、8月15日深夜24時40分から48分にかけて、木星の四大衛星(イオ・エウロパ・ガニメデ・カリスト)それぞれ木星面通過や影に入るため見えなくなる現象が見られます。20年ぶりのことらしいです。又この日は月面にXが見られる日でもあるので、望遠鏡とカメラを構えていてください。
         佐野康男

574-1.png

2021/07/01
Internationl Space Station Flight Information 20210701
国際宇宙ステーション飛行予想情報20210701ISE_No_113

2021/7/2-2021/7/13までのISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

573-1.gif (107KB)

2021/07/01
半夏生 (はんげしょう)
今年は7月2日がその日となります。72候の1つで夏至から11日目にあたります。この日までに畑仕事は終えてしまいまいますが、志摩や熊野地方ではハンゲという妖怪が現れ、畑仕事をしていると襲われるという伝説があるようです。

572-1.png

2021/06/27
6月30日は小惑星の日
毎年、大火球の目撃が報道されていますが、中にはとてつもなく大きな隕石が落下し、大きな被害が発生されることが、極まれにあります。1908年6月30日にシベリア上空で、大きな隕石が爆発し、広い範囲で森林火災が発生しました。常に地球は小惑星などによる被害の危険性があることを意識してもらうために、この日を小惑星の日と制定したそうです。     運営委員 佐野

571-1.png

2021/06/23
New Star Information 20210623
★ カシオペア座の発見星たち
  (AT2021pxm,AT2021pxu) ★


カシオペア座に、6月11日、Gaia自動探索・観測システムが
星の増光を確認し、公表されましたので、それら発見星を
撮影しました。 by nazu

AT2021pxm(Gaia21cuw)
02h31m18s.249 +66°00'25".60 Mag 11.2

AT2021pxu(Gaia21cvd)
01h10m13s.193 +60°04'35".15 Mag 12.8

570-1.jpg

2021/06/20
6月24日はUFOの日
1947年のこの日、米国ワシントン州レニア山上空を飛行中の自家用機が高速で飛行するコーヒー皿のような9個の謎の物体を目撃した。地元の新聞が「空飛ぶ円盤が飛行」と報道し、その後多くの目撃情報が報じられたようです。UFO焼きそばが発売開始された記念日ではありません。     運営委員

569-1.png

2021/06/13
New Star Information 20210613
★ ヘルクレス座の発見星、それとも わし座
  (TCP J18573095+1653396) ★


CBAT "Transient Object Followup Reports"に、
ヘルクレス座に星発見の掲載がありました。本HPにも。
久々に明るいです。

 TCP J18573095+1653396
  2021 06 12.5484*
   18 57 30.95 +16 53 39.6
   8.0 U Her

夕方の伊勢は、雲がいっぱいで、星の見えない夜が続きそう
なので、最近撮影した写真で、本発見星が入っていないか
探してみました。 6月7日23時11分36秒に、45mmレンズ
で撮った写真に写っているようなので、ソフト処理し
確認したところ、9等程度の明るさの星像が見つかりました。
上記報告、以前のようです。  by nazu
 

568-1.jpg

2021/06/13
「ヘルクレス座」で明るい新星発見
紀伊熊野天文同好会から見出しの速報を頂きました。  運営委員

 
「天文電文等によると北海道釧路市の上田清二さんが6月12.537日(UT)に「ヘルクレス座」をキヤノンEOS 6D (+200mm f/3.2)で撮影した6画像のうち3画像上で8.0等の新星らしい新天体を検出発見したことが報じられています。
 発見検出位置は、
赤経R.A.= 18 h 57 m 30.95 s , 赤緯 Decl.= +16゚ 53 ' 39.6 " (2000.0年分点)
であるとしています。
 同画角で2021年6月10.5日(UT)に撮像した3画像には何も検出できないそうで、また、発見位置の近くにはかすかな星(Rmag.=17.5、GSC No.23331359631、18 57 30.95、+16 53 39.2)があるとしています。
 この新星らしい天体は6月12.642日(UT)の眼視観測では6.4等まで増光していたことを確認しているそうです。」

2021/06/06
「いて座」で新星発見か
紀伊熊野天文同好会から見出しの速報を頂きました。
                 運営委員 佐野
 「天文電文等によると群馬県嬬恋の小嶋正さんが5月19.6831日(UT)に「いて座」をキヤノンEOS 6D (+300mm f/3.2)で撮影した3画像上で13.3等の新星らしい新天体を検出発見したことが報じられています。
 発見検出位置は、
赤経R.A.= 18 h 22 m 49.35 s , 赤緯 Decl.= −24゚ 08 ' 28.0" (2000.0年分点)
であるとしています。
 同画角で2019年5月09.698日(UT)に撮像したものには何も検出できないそうで、5月31.711日(UT)の撮像では13.6等の微かな天体が見て取れるといます。」
2021/06/03
5月の黒点観測報告
東海地方は5月16日に梅雨入りとなってしまい、以後は雨の日が続き、観測日数も22日間となってしまいました。前半に無黒点日が5日間ありましたが、どうにか毎日の黒点面には1〜2群が出現してくれましたが、A.B.H.J型の小型の群で大きく発達する群は見られませんでした。相対数も月平均 全体19.36 北16.77 南2.59と北半球が優位となっていました。4月(全体21.21)よりは少なかったものの極小期はすぎて、相対数の増加は進んできているようです。
            佐野康男

(14KB)

- Topics Board -