新着情報

2019/07/09
七夕
中島まち協の七夕イベントに協力しました。
残念ながら晴れ間が無く、スライドによる七夕のおはなしと、夏の星座の説明をしました。

357-1.jpg

2019/07/08
速報  TCP J20225930+5239030
CBAT/TOCP によると、7月8日00時39分に白鳥座で12.2等級の天体(TCP J20225930+5239030)の発見報告が出ています。

α=20h 22m 59.30s   δ=+52°39' 03.0"

これが新星かどうかは未確認ですが、当分天気が悪そうで気がもまれます。  山本憲行
2019/07/04
速報
熊野天文同好会の速報部から次の連絡がありました。

 へびつかい座に新星か PNV J16271698+0405590

天文電文等によると Crni Vrh 天文台の J. Vales さんが301mmカメラレンズで撮像した連続画像から12.5等の新天体を7月1.98日(UT)にへびつかい座で検出発見したことが報じています。
 検出位置は次のようです。
      赤経R.A.= 16h 27m 16.98s, 赤緯 Decl.= +04゚ 05' 59.0" (2000.0年分点)
            運営委員  佐野
2019/07/02
6月の黒点報告
月の始めに東海地方も梅雨に入り、曇った日が多くなりました。その中で23日間の観測が出来ましたが、相変わらず太陽の活動は低調です。19日間は黒点の姿がない無黒点の日でした。黒点が現れたのは24日が最初で29日までに北半球の低緯度(+5°付近)に3群のA型群が交互に現れては消え、南での発生は見られませんでした。相対数は北2、南0、の全体2と非常に低調な値でした。第24期の活動期の最終に入ったのは間違いなさそうですが、新しい活動期(第25期)を知らせる高緯度黒点の出現が待たれます。     (佐野康男)

(14KB)

2019/06/28
地域の七夕祭りで星空教室をします
7月7日の七夕の日に、中島学区まちづくり協議会さんからお願いされて、度会橋の広場で幼稚園児・小学生を対象に七夕の星空教室と天体観測会を同好会で行ないます。当日は広場にこどもたちの願い事が書かれた短冊をつけた笹飾り21本が並び、たくさんのこどもと親が集まるイベントです。 (運営委員 佐野)

353-1.png

2019/06/17
NHK文化講演会
国立天文台長…常田佐久さんの話がらじるらじるの聞き逃しサービスで聴けます。
「太陽と惑星と生命と」
国立天文台長…常田佐久

国立天文台はここ20年で飛躍的な発展を遂げ、世界の天文学を牽引する顕著な成果を上げました。その成果を振り返りながら、今後の目標である30m望遠鏡TMT(Thirty Meter Telescope)を中心とした大型プロジェクトの遂行、今後20年程度を見すえた将来計画の立案、スペースミッションへの貢献など、具体的な事例をあげ、さらなる発展のために必要なことは何か語ります
https://www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=0969_01_26891
2019/06/16
今年も七夕シーズンが
ひと月前ですが、町のスーパーでは早くも「七夕」が始まりました。レジのそばに各社七夕バージョンの包装をしたお菓子が並べられ七夕の気分満開です。    (佐野)

351-1.jpg351-2.jpg

2019/06/16
New Star Information 20190616
★ ASASSN-19mo、PNV J17073454-3608201で話題に!! ★
約1ヶ月前、増光が確認された星(ASASSN-19mo)が、PNV J17073454-3608201として
公表され、再度、増光したとか。 5月30日に、ASASSN-19moを撮影した写真を調べて
みると、明るさは、11.5等程度、右上55度付近にはみ出しがあり、傾きダルマ状態に
なっている。再増光と関係あるのか。傾きダルマのはみ出し位置には、ステラナビでは
この辺に星は無い。さて何か。写真は、20枚重ねなので、雑音とも考えにくいが。
                        by nazu 
 

350-1.jpg

2019/06/08
6月の定例観測会
先日に東海地方は梅雨に入りましたが、本日(8日)は薄い雲がかかってはいましたが、予定どうり定例観測会をおこないました。参加者は会員4人と一般1人と寂しい観測会でしたが、ヘルクレス・かんむり座についてのギリシャ神話や和名の話や球状星団の解説と、望遠鏡では月齢5の月面・M13・木星などを観望しました。次回は7月14日(日)を予定しています。    佐野

349-1.jpg

2019/06/07
東海地方は梅雨入りの模様
6月7日津地方気象台では「東海地方は梅雨入りしたとみられます。」とのことです。これは平年6月8日より1日早く、2018年の5日より2日遅いようです。7月の梅雨明けが待ちどうしいです。  (運営委員 佐野)

348-1.png

- Topics Board -