新着情報

2023/07/31
「こぎつね座」で新星らしい新天体を検出
紀伊熊野天文同好会から見出しの速報を頂きました。

 「群馬県嬬恋の小嶋正さんが7月29.6761日(UT)に「こぎつね座」をキャノンEOS 6D (+300mm F/3.2)を使用し4秒露出で撮影した3画像上で12.8等の新星らしい新天体を検出発見したことが報じられています。
なお、2023年7月06.530日(UT)と25.502日(UT)に同機材で撮像したものでは、この新天体の位置には何も検出するルことが出来なかったそうです。
 発見検出位置は、
赤経R.A.= 19 h 18 m 37.10 s , 赤緯 Decl.= +21゚ 27 ' 17.0" (2000.0年分点)
であるとしています。」
               運営委員
2023/07/30
星と親しむ週間 8月1日〜7日
星空に親しんでもらうために1995年全国の天体観測施設の集まりで、設けられました。この期間中に全国の天文関連施設(天文台・科学館等)ては特別観望会・コンサート・講演などの模様しがおこなわれます。    運営委員

803-1.png

2023/07/25
板垣さんがNGC4388で13.3等の新天体を検出
紀伊熊野天文同好会から新天体発見の速報をいただきました。

 「山形県の板垣公一さんが7月24.4797日(UT)にKAF-1001Eカメラによる画像上で「おとめ座」の赤道にある活発な渦巻銀河NGC4388銀河で13.3等のタイプT型の新天体を検出発見していることが報じられています。
 新天体AT2023fyqはNGC4388銀河中心から西に13秒角、北に8秒角離れた位置で
赤経 R.A.= 12 h 25 m 45.86 s , 赤緯 Decl.= +12゚ 39 '   48.7 " (2000.0年分点)
であるとしています。
2023/07/21
Discovered Star Information 20230721
★☆★ いて座の発見星 ☆★☆
 ( PNV J19030433-3102187
           / Sagittarius )


 CBAT "Transient Object Followup Reports"
    に下記の発見星のデータが掲載されました。

  PNV J19030433-3102187
   2023 07 19.8663*
   19 03 04.33 -31 02 18.7
   11.4 U Sgr 9 0

 またまた、いて座での発見星です。
 それも、明るいものがふたつ、容易に確認できました。

                    by nazu

  追記: 2023.7.21 撮影写真添付、ほぼ光度変わらず。

801-2.jpg801-3.jpg

2023/07/20
東海地方梅雨明けのもよう
本日気象台が東海地方が梅雨明けの模様と発表しました。
これで星空の日が多くなりそうです。   運営委員

800-1.png

2023/07/17
Discovered Star Information 20230717
★☆★ いて座の発見星 ☆★☆
 ( TCP J17525020-2024150
           / Sagittarius )


 CBAT "Transient Object Followup Reports"
    に下記の発見星のデータが掲載されました。

  TCP J17525020-2024150
   2023 07 15.4590*
   17 52 50.20 -20 24
   15.0 10.3 U Sgr 4 0

 発見星データの発見時刻から、約5時間後に撮影でき
 発見時光度と同じ程度の明るさに写っているようです。

                    by nazu

追記: V6598 Sgr として、新星登録されました。

799-1.jpg799-2.jpg

2023/07/15
Space Station ☆彡 Flight Information 20230715
☆彡 国際宇宙ステーション飛行予想情報
     20230715ISE_No_162


        2023/7/16-2023/7/30までの
            ISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

798-1.jpg798-2.gif (106KB)

2023/07/12
Discovered Star Information 20230712
★☆★ みずがめ座の発見星 ☆★☆
  ( AT2023mrj / Aquarius )


 LatestSuperNovaeに下記テータが公開されました。

  AT2023mrj (= ZTF23aaqurnk)
   discovered 2023/07/09.414
   at R.A. = 22h14m05s.018, Decl. = -09°04'19".55
   Mag 13.5:7/9, Type unknown
    (References: TNS, ZTF observations)

 発見星データ公開から、比較的短時間で撮影することが
 できました。 最近は、天候の急変が頻繁で、星空が見える
 ことは少ないですが、雨が夜空をきれいにしているのかも。
 人工衛星も写りました。  by nazu

797-1.jpg

2023/07/11
6月の太陽黒点観測報告
6月はさすがに梅雨の季節で観測ができない日が多くありました。それでも連続3日以上の穴を開けることなく観測ができました。
観測日数は21日間、月平均の相対数は全体で126.9 北54.6 南72.3と南半球がやや優位でした。目だった群としては27日にH型として発生したN108群は29日にはE型まで発達、その後7月に入り西に傾いた位置でF型に発達しました。6月28日に「天体写真」のコーナーに尾鷲の出口会員が「きょうの太陽黒点」としてアップしていただいています。         佐野康男

(32KB)

2023/07/11
Space Station ☆彡 Flight Information 20230711
☆彡 国際宇宙ステーション飛行予想情報
     20230711ISE_No_161


        2023/7/12-2023/7/15までの
            ISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

795-1.gif (115KB)

- Topics Board -