新着情報

2018/11/30
11月の太陽黒点
先月に引き続き、太陽の活動は低調です。今回は27日間の観測をおこないましたが、無黒点の日は18日もありました。相対数は北が4.6、南は0 全体で4.6でした。前月は北が0で前々月は南が0と南北で0が交互に繰り返しています。北半球の群は4個でいずれも出現から消滅まで4日以内と短命なものばかりで、1つは+25°とやや高緯度でしたが、あとの3群は0〜6°の低緯度でした。写真は尾鷲の出口さんが10日に撮影したものです。

(21KB) 304-2.jpg

2018/11/22
11月30日は鏡の日
全日本鏡連合会が、生活必需品としての鏡をPRする目的で、語呂合わせで11(いい)30(みらー)から制定したものです。私たちは鏡と言えば「反射望遠鏡のミラー」を頭に浮かべますよね。主旨はともかく、年に一度はこの日にミラーの重要性を再認識して、点検・清掃するのもいいかもしれません。     運営委員

303-1.png

2018/11/18
尾鷲天文科学館へ行ってきました
8月から延期続きの尾鷲天文館ようやく行って来ました。同好会としては2年ぶりの来館でした。今回は3人の会員の参加でしたが、月・天王星・火星・昴・ペルセウス二重星団などを観望し、同館のこれまでの色んな企画や作品などの説明を職員の方々からお伺いし、今後の同好会の活動に活かせたらと、とても有意義なものでした。     (佐野)

302-1.jpg

2018/11/12
New Star Information 20181112
★ TCP J12192806-0211143 変じて、c/2018 V1 となる??? ☄
2018年11月10日、CBAT "Transient Object Followup Reports"に、
TCP J12192806-0211143 として、おとめ座に新しい天体を発見したとの報告がありました。
    α= 12h 19m 28.06s  δ= -02゜11' 14.3"

12.0等と比較的明るいため、11月11日の夜明け前に、確認のため撮影しました。
おとめ座は、夜明け前に東空に昇ってきますので、薄明開始時刻あたりまで待ち
撮影しました。 撮影後、ソフト処理しても、該当する天体像はなく、困惑、もしや
位置が間違っているのかと・・・。 その後の情報によれば、彗星であるとのこと。
どうにか視野の端にある彗星(c/2018 V1)を見つけました。
メデタシ、メデタシ、でした。         nazu

301-1.jpg

2018/11/11
11月の定例観望会
11月10日(土)
 2班の楠木、口山さん、班外の佐野さん、山元さんで行いました。11人の参加者がありました。
 星座案内は、牡羊座とみなみのうお座
 観望会は、火星、すばる、オリオン座大星雲
 
2018/11/09
みえ星空環境案内人養成講座
来年の「星空案内人」養成講座の募集があります。
三重県環境学習センターの主催するもので4日間の講座を受講して、全国共通資格「星空案内人(星のソムリエ)」取得も目指せます。
詳しくは三重県環境学習センター 059-329-2000 またはセンターのHPを見てください。    運営委員

298-1.jpg

2018/11/06
太陽暦採用記念日
11月9日は旧暦から現在の新暦に移行することを告知された日です。日本は旧暦(太陽太陰暦)を使用していましたが、欧米諸国が使用していたグレコリー暦とあわすため、明治5年12月3日を新暦の明治6年1月1日とすることを定めました。これにより日本も欧米諸国と同じ世界基準の暦を使用することになりました。ところが、これにはもう1つの事情があったようです。それは当時政府の財政は苦しく、改暦することにより12月分の給料と旧暦の翌年は閏月であったため13ヶ月分の給料が12回で済むという狙いが大きかったようです。      運営委員

297-1.jpg

2018/11/01
10月の黒点観測報告
10月は27日間の観測を行ないました。太陽面は相変わらず不活発な状態が続いており、北半球には全く黒点は出現しませんでした。相対数は北が0、南は4.5と全体でも4.5という少なさで、今年に入り月平均相対数が10を上回ったのは2月と6月のみで、1桁台が続いています。     (佐野康男)

(14KB)

2018/10/23
New Star Information 20181023
★ うみへび座に新しい星・・・発見か ★
2018年10月21日、CBAT "Transient Object Followup Reports"に、
TCP J08371988-0602457 として、うみへび座に新しい星を発見したと、報告されました。
    α= 8h 37m 19.88s δ= -06゜02' 45.7"

昼間に掲載を知ったので、確認のため、よく日(10月22日)の夜明け前、写真撮影しました。
この日は、偶然にも晴天で、ほぼ同じ方向にあるジャコビニ・ジンナー彗星とともに容易に
撮影することができました。明るさは、報告時と同様な約13.0等と判定しました。
その後の報告によると、数等暗い明るさで、光度変化していた星が、この時期に
増光したものらしい。             nazu

295-1.jpg

2018/10/22
フジタ鳥羽天文台公開10月
雨で1週遅れて、10月20日に10月の定例観望会を行いました。
5人+同好会3人で行いました。

- Topics Board -