新着情報

2024/01/01
1月2日 月ロケットの日
1959年のこの日、当時のソビエト連邦が世界で初めて月に到達する目的で月ロケット「ルナ1号」を打上げましたが、月には到達せずに月面を観測通過後、火星と地球の間を公転する世界初の人エ惑星となりました。
計画は失敗しましたが、人類が月に到達する目的の打上げを記念して制定されました。
                 運営委員

864-1.png

2023/12/31
Space Station ☆彡 Flight Information 20231231
☆彡 国際宇宙ステーション飛行予想情報
     20231231ISE_No_172


        2024/1/1-2024/1/9までの
            ISS飛行情報を作成しましたので、アップします。
            2024年のお正月はISSが見られますね。
            ISSのが東の空に消え、初日が昇ります。

                      by Astron NaZoo

863-1.jpg863-2.gif (113KB)

2023/12/31
大晦日
2023年も今日一日となりました。昨年はコロナコロナと全てのことに自粛という言葉が使われ、今年になってようやく自粛の足かせが外れた年でした。それでも、コロナはまだまだ消滅はしていません。
 そんな中、毎月の月齢観望会も2月以降は再開でき、中島地区の天体観望会もおこなうことができました。
 今年一年、このHPを閲覧していただいた方、情報・行事報告・天体写真等書き込みをしていただいた会員さん、本当にありがとうございました。
 来年は、更によいお年をお迎え下さい。
運営委員一同

862-1.png

2023/12/30
会報いせ138号
会報いせ138号を編集発行しました。

861-1.jpg861-2.jpg

2023/12/26
「エリダヌス座」で突発天体を検出
紀伊熊野天文同好会から13等の見出しの速報を頂きました・
              運営委員
「 中村さんが「エリダヌス座」で突発天体を検出
        TCP J03433597-1153124
 天文電文等によると国立天文台の遠藤さんからの報告して三重県亀山市の中村祐二さんが10cm/F3.0屈折でCMOSカメラによる2画像上で12月24.5606日(UT)に「エリダヌス座」で13.0等の突発新天体を検出発見していることが報じられています。
検出位置は
赤経 R.A.= 03 h 43 m 35.97 s , 赤緯 Decl.= −11゚ 53 ' 12.4 " (2000.0年分点)
であるとしています。
なお、2023年12月21.4626日(UT)に同機材で同画角を30秒露出(限界等級16.0等)で撮像した画像ではこの位置には何も検出できなかったそうです。
この新天体は AT 2023aauiとして J. Tonry(ATLAS)さんやe ASAS-SN Sky Patrolでも検出されていて光度曲線等のデータは
https://asas-sn.osu.edu/sky-patrol/coordinate/80709030-4c13-44ba-b10c-8daf960ba6a7
で公開されているそうです。」
2023/12/13
ふたご座流星群
今年のふたご座流星群は期待できそうです。極大日は15日16時と予想されていて、この前後は活発な活動がありますが、すでに電波観測では多くの数が観測されているようです。最も多く観測できるのが14日の夜から15日の明け方ですが、今夜から相当の数が飛びかうと思われますので、カメラをセットしてみては如何ですか。予想としては1時間あたり15〜20個の流星が見えそうです。
              運営委員

859-1.png

2023/12/10
Discovered Star☆ Information 20231210
  ★☆★ おとめ座の発見星 ☆★☆
 ( TCP J14242032-0341478
                 / Virgo )


     CBAT "Transient Object Followup Reports"
        に下記の発見星のデータが掲載されました。

      TCP J14242032-0341478
       2023 12 07.8535*
       14 24 20.32 -03 41 47.8
       13.3 U Vir 9 4

     晴れていたのですが、そばに月があり、明るい空。
     どうにか、星像確認。 輝く金星もあったよ。
                by nazu

858-1.jpg858-2.jpg

2023/12/09
「おとめ座」に突発天体
紀伊熊野天文同好会から見出しの速報を頂きました。
                     運営委員

 西村さんが「おとめ座」に突発天体を検出
     TCP J14242032-0341478
天文電文等は国立天文台の遠藤さんからの連絡として、静岡県掛川市の西村栄男さんが12月07.8535日(UT)にキヤノンEOS6Dデジタルカメラ+200mm(f/3.2)で撮像した3画像から「おとめ座」で13.3等の新星らしい突発天体を検出発見されたことを報じています。
検出位置は
赤経 R.A.= 14 h 24 m 20.32 s , 赤緯 Decl.= −03゚ 41 ' 47.8 " (2000.0年分点)
であるとしています。
                     
2023/12/06
Space Station ☆彡 Flight Information 20231206
☆彡 国際宇宙ステーション飛行予想情報
     20231206ISE_No_171


        2023/12/7-2024/1/1までの
            ISS飛行情報を作成しましたので、アップします。

                      by Astron NaZoo

856-1.jpg856-2.gif (114KB)

2023/12/06
大雪 (だいせつ)
7日は二十四節気の1つ「大雪」です。本格的な冬がやってきて、各地で大雪(おおゆき)のニュースが報道され、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころです。
                  運営委員

855-1.png

- Topics Board -