天体写真+α

2020/01/18
年末に撮影したクリスマスツリー
12月28日、よく晴れてはいましたが翌々日から出張の予定があったので自宅から撮影していました。
コーン星雲・クリスマスツリー星団は個人的にお気に入りの天体です。
ニュートン反射の光軸がかなり狂っていたようで周辺の星が楕円になっており
フラット補正もうまくできなかったので周辺をトリミングしています。

焦点距離954mm、F4.8、ASI294MC、Gain200 10分×20
(笠井)

275-1.jpg

2020/01/16
14日のスターリンク衛星群
14日夕方の天気予報は曇りだったのが外れて、どんよりとした晴れになりました。
そこで7日に打ち上げられたスターリンク衛星群を動画で撮影しました。
アップした画像はその動画から取り出した静止画3309コマを比較明合成したものです。
約5分間の撮影ですが34機の衛星が写っています。
衛星群の内、明るいものはアルデバラン並みで、それらが2個3個と並んで通過して行く姿は肉眼で見ていても圧巻でした。  山本憲行

274-1.jpg

2020/01/13
半影月食
こんばんは、1月11日の明け方半影月食が見られました。
一応、月食前の月と3時30分頃の月と最大食の月を撮りましたのでアップしておきます。
食分が深くなるにつれて、肉眼で見ても月の輝きが鈍くなり、最大食のあたりでは本影に近いほうが暗くなっているのがわかりました。

以下撮影データです。
鏡筒、FS−128(f1040mm)直焦点
カメラ、イオスKISSX4(無改造)
露出、すべてISO100で400分の1秒で統一しました。

撮影者(稲生)

273-1.jpg273-2.jpg273-3.jpg

2020/01/07
2020年撮影始め
少し遅れましたが、
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1月2日の夜が晴れていましたので自宅庭で撮影始めをしました。
久しぶりにコーン星雲付近をねらってみました。
月が居る時間帯に撮った割にはよく映ってくれたと思います。

以下撮影データです。
鏡筒、εー130D+QuadBPフィルター
赤道儀、ビクセンGP+ネクスガイド2にてオートガイド
カメラ、イオスKISSDN改造、ISO800で5分×16枚(計80分)
撮影地、自宅庭

投稿者 稲生

272-1.jpg

2019/12/17
スターリンク衛星群 と ふたご座流星群
@14日朝方、スターリンク衛星群を撮影しました。スピカの下付近で地球の影から出現してゾロゾロと連なって南行して行きました。
  ⇒⇒ https://youtu.be/LOUZK-Yo2Kg
A今年のふたご座流星群は満月過ぎの月が輻射点近くで煌々と輝いていて邪魔なので遠征はせずに自宅から撮影しました。コタツでぬくぬくと待機しているだけのの手抜き撮影ですが、約1時間半で13個のG群流星をゲットしました。
  01時過ぎから雲が広がり、02時過ぎには諦めました。   山本憲行

271-1.jpg271-2.jpg

2019/12/13
スターリンク衛星
今朝、撮影したスターリンク衛星群の軌跡です。次々と光点が現れる天空は壮観です。   渡邉百樹

270-1.jpg

2019/12/04
M1 かに星雲
先週の金〜土曜の夜に自宅から撮影しました。
おうし座がある程度の高度まで昇った22時台から翌3時半までたっぷり露出をかけたおかげか
赤いフィラメントをはっきりと写し出すことができました。

焦点距離1350mm、F6.75、EOSkissX5天体改造、ISO1600 180秒×73枚+300秒×16枚、トリミングあり

(笠井)

269-1.jpg

2019/11/24
スターリンク衛星
11月11日にスターリンク衛星が60機打ち上げられましたが(2回目)、今朝は3等級クラスの明るさで見えました。30分間撮影を行いましたが55機ほどの経路が写っています。撮影場所は興福寺で前景の建物は1年前に完成した中金堂です。

268-1.jpg268-2.jpg268-3.jpg

2019/11/08
M42,モンキー星雲
こんばんは、仕事が少し暇になり、11月4日から夏の間お休みしていた自宅撮影を再開しました。
リハビリがてらM42とモンキー星雲を撮影したのでアップしておきます。

以下撮影データです。
2枚とも同じです。
鏡筒、εー130D+QuadBPフィルター(f430mm)
赤道儀、ビクセンGP+ネクスガイド2にてオートガイド
カメラ、イオスKISSDN改造
露出時間、ISO800で5分×10枚(計50分)

撮影者(稲生)

267-1.jpg267-2.jpg

2019/11/02
今週撮影した天体
何ヶ月かぶりに月も雲もない日に撮影の時間がとれ、
夏前に用意していた鏡筒とカメラをやっとまともに使うことができました。
撮影方法や画像処理方法などまだまだ手探りしていく必要がありそうです。

いずれも焦点距離250mm/F4.9、ASI1600MMで撮影
1枚目:M31 アンドロメダ銀河(総露出126分、トリミング)
2枚目:M45 プレアデス星団(総露出109分)
3枚目:NGC1499 カリフォルニア星雲(総露出145分)

(笠井)

266-1.jpg266-2.jpg266-3.jpg

- Topics Board -