天体写真+α

2019/02/07
山焼きの夜
発表が遅れましたが、1月26日の夜に行われた若草山山焼きの星景です。今年は山麓で花火と炎を撮影しましたが煙が天空に広がり星は写りませんでした。帰り道で手持ちで撮った写真を紹介します。
写真1:東大寺裏大仏池  2019年1月26日19h21m、露出0.5sec
写真2:三月堂(法華堂)前 2019年1月26日19h00m、露出0.3sec 
OLYMPUS E-M5 MarkU f=17mm、F1.2、ISO800 
Stella Image スターエンハンス機能にて星像を拡大しています。
(渡邉百樹 奈良市)

248-1.jpg248-2.jpg

2019/02/06
Star(Milky Way) Information 2019. 2. 6
☆ 冬の南空低く天の川 ★

「天の川と言えば、夏の空に・・・」と頭に浮かぶのが常識です。
冬の空には、「オリオン座、シリウス・・・」でしょうか。 その横には、天の川があり、
南の山の端に流れ込んでいます。この付近のとも座、ほ座の辺りは、たくさんの星雲星団を
配した天の川の中で、星の密度も大きいです。

それで、伊勢としては、南空の最も低高度約14度(視野中心)の天の川を撮影してみました。
「ほ座」から「とも座」の星がたくさん写りました。視野の中下には、「ほ座」のλ星があり、
視野に中心位置は、赤緯約-41度(南中時頃見える)。あまり撮ったことのない場所なのですが、
「ちょっといいかな」と 今回再認識しました。

冬の南の空、シリウスのさらに下の辺りながめてみませんか。   nazu

247-1.jpg

2019/02/05
明け六つの月
明け方の空に惑星と月が輝き、子どもに付き合う早起きの辛さが若干だけ和らぎます。
細くなって行く月を連日眺めて新月間近の姿を撮影しました。
撮影時刻は夜明けの時刻(明け六つ)より早いですがタイトルに使ってみました。(長澤)

2019年2月3日5:59、
OLYMPUS E-M5MarkU、40-150mmF4-5.6→150mm(35mm版換算300mm) F5.6、ISO3200、1/6sec、手持ち撮影

246-1.jpg

2019/01/15
12時間(ほぼ)の日周運動
この冬に12時間の日周運動の撮影に挑戦していますが、昨夜11時間57分の軌跡が得られましたので紹介します。あと3分で12時間達成でしたがSDカードの容量不足でした。時折、雲が走っていますので空は明るくなっています。(渡邉百樹 奈良市)

245-1.jpg

2019/01/09
Comet information 2019. 1. 9
☄ 年末のウィルタネン(0046P)彗星 3姿 ☄
2018年の年末、ウィルタネン彗星の姿です。遠ざかって、
コマの小さくなるのは、ちょっと切ないですね。 nazu 

244-1.jpg244-2.jpg244-3.jpg

2019/01/08
部分日食
こんにちは、1月6日の部分日食ですが、三重県の天気が悪そうでしたので、天気予報とにらめっこして、ギリギリまで悩んだ挙句比較的天気のよさそうな茨城県南部まで遠征して観測しました。
現地でも快晴とは行かず、薄い雲がずっといるような天気でしたが、太陽が雲に隠れることは無く全行程観測できました。
望遠鏡直焦点で写真も撮ったのですが、経緯台+途中で撮影鏡がクランプに干渉してしまい架台自体を動かしてしまったため欠ける方向が変に写ってます。
あと、露出決めるのが難しく過多になってしまいました。
以下、撮影データです
鏡筒、PENTAX75SDHF+アストロソーラーフィルター(f500mm)
架台、T-マウント経緯台で手動追尾
カメラ、イオスKISSX4
露出、ISO200、200分の1秒から1600分の1秒、約10分おきに撮影
1枚目前半、最大食まで
2枚目後半、最大食〜終わりまで
3枚目最大食

撮影者稲生

243-1.jpg243-2.jpg243-3.jpg

2019/01/06
Partial Solar Eclipse 20190106
☀ 伊勢の部分日食  ☀

伊勢は天候が悪く、添付写真撮影時刻頃、数十秒、雲の切れ目から
欠けた姿を見せただけで、他の期間は、厚い雲が全天を覆いました。
なぜか、部分日食が終了した直後、少し姿が見えたのは皮肉です。
うまく欠けた太陽を撮影できましたが、部分日食が見えたかと言えば、
ほぼアウトと言うべきでしょう。
みなさんのところでは、部分日食見えましたか。    nazu

242-1.jpg

2019/01/04
撮り納めと撮り始め
昨年の撮り納めは、冬の天の川とウィルタネン彗星。
そして、新年の初撮りは、1月2日早朝の月と金星の接近でした。拡大撮影では、月はボケボケですが、輝面比0.48の金星は、大気のゆれの影響で少し膨らんでみえるものの、何とか半月状に見えます。
 尾鷲火力発電所が廃止になったので、やがて、230mの煙突もいずれ解体されるでしょうから、「星と煙突」をできる限り撮影しておきたいと思います。(尾鷲・出口隆久)

241-1.jpg241-2.jpg241-3.jpg

2019/01/03
1月1日の46P/ビルタネン彗星
明けまして おめでとうございます。

1日の夜、今年の撮り始めとして 自宅から 46P/ビルタネン彗星を撮りました。まだまだ明るく写ります。 山本憲行

240-1.jpg

2019/01/03
大晦日の夜
明けましておめでとうございます。

大晦日の夜は、伊勢方面もいい空だったようですね。
尾鷲も、透明度がとてもよかったので、「天の川」もよく見えました。自動車で30分ほどの海岸付近で撮影したものです。
(尾鷲・出口隆久)

239-1.jpg239-2.jpg

- Topics Board -