天体写真+α

2019/12/04
M1 かに星雲
先週の金〜土曜の夜に自宅から撮影しました。
おうし座がある程度の高度まで昇った22時台から翌3時半までたっぷり露出をかけたおかげか
赤いフィラメントをはっきりと写し出すことができました。

焦点距離1350mm、F6.75、EOSkissX5天体改造、ISO1600 180秒×73枚+300秒×16枚、トリミングあり

(笠井)

269-1.jpg

2019/11/24
スターリンク衛星
11月11日にスターリンク衛星が60機打ち上げられましたが(2回目)、今朝は3等級クラスの明るさで見えました。30分間撮影を行いましたが55機ほどの経路が写っています。撮影場所は興福寺で前景の建物は1年前に完成した中金堂です。

268-1.jpg268-2.jpg268-3.jpg

2019/11/08
M42,モンキー星雲
こんばんは、仕事が少し暇になり、11月4日から夏の間お休みしていた自宅撮影を再開しました。
リハビリがてらM42とモンキー星雲を撮影したのでアップしておきます。

以下撮影データです。
2枚とも同じです。
鏡筒、εー130D+QuadBPフィルター(f430mm)
赤道儀、ビクセンGP+ネクスガイド2にてオートガイド
カメラ、イオスKISSDN改造
露出時間、ISO800で5分×10枚(計50分)

撮影者(稲生)

267-1.jpg267-2.jpg

2019/11/02
今週撮影した天体
何ヶ月かぶりに月も雲もない日に撮影の時間がとれ、
夏前に用意していた鏡筒とカメラをやっとまともに使うことができました。
撮影方法や画像処理方法などまだまだ手探りしていく必要がありそうです。

いずれも焦点距離250mm/F4.9、ASI1600MMで撮影
1枚目:M31 アンドロメダ銀河(総露出126分、トリミング)
2枚目:M45 プレアデス星団(総露出109分)
3枚目:NGC1499 カリフォルニア星雲(総露出145分)

(笠井)

266-1.jpg266-2.jpg266-3.jpg

2019/10/09
ISSと北極星
北極星付近を通過するISSの風景です。飛行機の軌跡は手を入れていません。若草山山頂で撮影。(渡邉百樹 奈良市)

265-1.jpg

2019/08/27
ソユーズMS-14
このソユーズ宇宙船はロケットのテストのために無人で打ち上げられました。
人の代わりにヒト型ロボットが搭乗していて、ISS 内で単純な作業を習得する予定らしいです。
しかし24日にドッキングに失敗して、27日12時09分JST に再トライでドッキングしました。その約5周前に ISS を追いかけている姿を捉えたのでアップします。 
(山本憲行)

264-1.jpg264-2.jpg

2019/08/12
Per群流星
昨夜、明るいペルセウス座γ群をゲットしました。発光点高度を110q、消滅点高度を80qを仮定すると四日市上空で出現し、伊勢奥津のあたりで消滅したことになります。 
追加:13日出現の火球を追加します。2コマに痕が写っていました。出現位置は奈良県の金剛山付近、消滅点は和歌山県の生石高原上空と推定されます。  渡邉百樹

263-1.jpg263-2.jpg

2019/08/10
環天頂アーク、タンジェントアーク、幻日
昨日、太陽の周りに見られた気象光学現象です。太陽の左右に幻日、上部にタンジェントアーク、周囲に22度ハロの淡いリング、さらに50度ほど上には環天頂アークが見られます。前回紹介した環水平アークは太陽の下約50度の位置でした。   渡邉百樹(奈良市)

262-1.jpg262-2.jpg

2019/08/09
PNV J06095740+1212255 (オリオン座)
8日に発見された PNV J06095740+1212255 を撮影しました。薄明が迫る中、薄雲を通しての撮影なので少々見苦しい画像ですが、新天体は 少し暗くなっていて 10.5等級と見積もりました。
(山本憲行)

261-1.jpg

2019/08/07
薄明光線
8月4日、19時から半額になる513さんのパンを買いに行くとき、空が面白かったので車中からケイタイで撮りました。薄明光線と言うそうです。(楠木)

260-1.jpg

- Topics Board -