天体写真+α

2018/12/13
0046P/Wirtanenを12/12にやっと撮れた
茨城はずーっと天気が悪くて、撮影できませんでした。ようやく晴れ間が見えだした12/8から0046Pの撮影を開始しました。 しかし、彗星撮影は久しぶりだったこともあり、
・12/8深夜:撮影準備に手間取り、準備が整った時点で雲が拡がり断念、
・12/9は、撮れたもののピンボケ、
・12/10は、ガイド不良
といまいちで、画像処理による仕上げを躊躇していましたが、12/12に、やっとまともなShotが撮れましたので、アップします。
(鈴木正憲@ひたちなか)

232-1.jpg

2018/12/13
12日のウィルタネン彗星
雲は少しありましたが、まあまあの空の状態でした。
10日の姿と大きな変化はないようですが、コマの中に、短い尾がうっすらと左上方に見えているような気もするのですが・・・。
ふたご座流星群と思われる流星が、数個見られました。
(出口隆久)

231-1.jpg

2018/12/12
9日・10日のウィルタネン彗星
<12月9日>
久しぶりに星が見えたので、ウィルタネン彗星を撮影してみました。ずっと薄雲が動いていて、肉眼では見えず。コマは雲の影響で滲んでいるかもしれませんし、尾もよくわかりませんね。22時半には雲が厚くなり、あきらめました。
<12月10日>
よく晴れていたと思いましたが、撮影するとモヤ(?)の影響か、少しカブリがみられました。コマが大きく写っていますが、気象条件、撮影条件の差ではないかと思います。
メトカーフ合成はステライメージ8の自動合成を使用しました。(出口隆久)

230-1.jpg230-2.jpg

2018/12/11
ウィルタネン彗星
今夜は晴れていたのでウィルタネン彗星を自宅庭から撮影してみました。
6×30mmの双眼鏡でも確認できました。
以下撮影データです。
鏡筒、PENTAX75SDHF(f500mm)
赤道儀、ビクセンGP+ネクスガイド2にてオートガイド
カメラ、イオスKISSDN(改造)
露出、ISO1600で1分×10枚彗星核基準でコンポジット

撮影者稲生

229-1.jpg

2018/12/09
8日の 46P/ビルタネン彗星
自宅からビルタネン彗星を撮りました。満月ほどの大きさで双眼鏡(ワイドビノ)でも薄っすらと見えました。空の暗い所ならもっと大きく広がっているのでしょうが、光害地なので尾も写りませんでした。  山本憲行

227-1.jpg

2018/12/07
Comet information 2018. 12. 7
☄ ウィルタネン(0046P)彗星が増光中 ☄
周期彗星0046Pは、くじら座を経て、エリダヌス座に突入、最近では
代表する明るい彗星となっています。薄ぼんやりとした大きなコマを
持つ姿です。 尾としては後ろ側に出ているのでしょうか。
12/5の双眼鏡での観測では、口径30mmでは、ほとんど確認できず、
50mmでやっと、70mmでも迫力なし。 写真に撮ると、彗星色の青緑色
に写りますので、写真撮影なら楽しめるように思います。 nazu

226-1.jpg

2018/12/04
月と金星の接近
きょうは、急ぎの作文仕事があり5時前の起床でした。
雨かと思いきや、接近した月と金星がしっかり見えていたので、
仕事そっちのけで記録に残しておきました。
しかし、15分ぐらいの間に雲に覆われてしまいました。
月齢26.2 金星光度−4.6等でした。 (出口隆久)

225-1.jpg225-2.jpg

2018/11/30
29日の46P/ウィルタネン彗星
久しぶりの投稿です。彗星が少々にぎやかになってきたので、46Pを撮影してみました。けっこうなモヤ状態で条件悪です。望遠鏡でも広がったコマがよくわかります。写真では、画面左上方向に短い尾があるような気もしますが・・・。(出口隆久)

224-1.jpg

2018/11/28
27日の 46P/ビルタネン彗星
邪魔な月が昇って来る前に ポタ赤(CD-1)に望遠レンズを載せて撮影しました。結構明るくなって来ましたが、自宅での撮影なので光害がひどく、尾は写っていません。それでもコマは30’以上あるように見えます。
現在赤道儀を修理に出しているので望遠鏡で撮影出来ないのが残念です。(山本憲行)

223-1.jpg

2018/11/18
Comet information 2018. 11. 18
☄ c/2018 V1 は、マックホルツ・藤川・岩本彗星となった。 ☄
CBAT "Transient Object Followup Reports" で、
                  TCP J12192806-0211143 と
発見報告された天体は、星の間を移動する彗星でした。  昨今、随分暗いうちに
発見されるのが通例で、アマチュア天文家の発見が、日本人が見つけるのが、
遠い昔のことのように・・・。 今回、日本人の名前がついた彗星の出来上がり。
明るいですが、現在、夜明けの東の地平線に近づいています。
マイナス4.6等に輝く 金星 と おとめ座のα星 スピカのところへ   nazu

222-1.jpg

- Topics Board -