天体写真+α

2023/08/28
C/2023 P1 西村彗星 @8/25, 8/26早朝ーFL274mm
題記の西村彗星を61EDPHU(FL274mm)+SV405CC+UHCで2夜連続で撮影。
こちらも、淡いながら尾をとらえました。
8/25: 30s x 16=8min, 撮影開始時間03:50
8/26: 60s x 8=8min, 撮影開始時間03:45
と、天文薄明が始まっている中、8/26のほうが開始時間が早くて、夜空が暗い条件なので、尾が長く見えていますが、彗星自体も明るくなったのかもしれませんが…
 本当は天文薄明前に撮影できれば、BKP200と同様、もっと尾が明るく写るように思います。

 8/28 05:07 xmasax@ひたちなか

581-1.jpg581-2.jpg

2023/08/28
C/2023 P1 西村彗星 @8/25, 8/26早朝ーFL1000mm
題記の西村彗星をBKP200(FL1000mm)+Kiss X5+CBPで2夜連続で撮影。
ようやく、淡いながら尾をとらえました。
8/25: 30s x 6=3min, 撮影開始時間03:48
8/26: 60s x 5=5min, 撮影開始時間03:44
と、天文薄明が始まっている中、8/26のほうが撮影時間が早いので夜空が暗く、露出時間も倍に長くて条件が良いので、尾が長く見えています。
 本当は天文薄明前に撮影できれば、もっと尾が明るく写るように思います。

 8/28 04:59 xmasax@ひたちなか

580-1.jpg580-2.jpg

2023/08/26
25日朝方の西村彗星・他
25日の明け方にようやく西村彗星を撮影することが出来ました。
東天は自宅からは見えないので30〜40メートル離れた路上に望遠鏡を設置して撮影しました。
東京や横浜の光害が激しいので、東天低空は難しいですが、微かにイオンテールが写っているようにも見えます。
なお、近くにそろそろ明るくなり始めてきた13.3等エンケ彗星がいたので撮りましたが、イマイチです。
(山本憲行)

579-1.jpg579-2.jpg

2023/08/23
C/2023 P1 西村彗星とC/2020 V2 ZTF彗星
・8/21にC/2020 V2 ZTF彗星の2夜目(BKP200+X5+CBP, 4.5min)を撮影しました。結構、雲が多かったのですが、その雲間をついて何とか撮影できました。前回の8/18より薄雲が無かったのか、結構、エメラルドグリーンが写りました。この後、C/2023 P1西村彗星を撮ろうと思ったのですが、すっかり曇ってしまったので、鏡筒を撤収しました…鏡筒撤収直後に、にわか雨が降ってきて、バッテリーと赤道儀は少し濡れ、危ない所でした。

・次の日8/22夜に晴れていたので、赤道儀のシートを外して鏡筒を赤道儀まで運んだところ、曇ってしまい、諦めました…居間でうたた寝していて、3:00頃に目が覚めたので、Atom Cam Swingで夜空を確認したら、良く晴れていたのだけど、天文薄明が間近なので、西村彗星撮影のために、鏡筒を出して赤道儀をセットするか迷いました…ただ、今年になって北北東方向にある木が異常に成長し、木の枝が撮影の邪魔になりそうだったので、その干渉の有無の確認も兼ねて、ダメ元で手早く、鏡筒をセットしました。

・幸い、セットアップがノートラだったので、天文薄明が進む中、露出時間は短いですが、何とか撮影できました:2枚目(BKP200+X5+CBP, 3min)、3枚目(61EDPHU+SV405CC+UHC、2.4min)に添付します。
・西村彗星は、尾は写りませんでしたが、前回の冷却CMOSカメラSV405CCの白黒問題は、保存設定ミスであることが判り、今回はカラーで奇麗なエメラルドグリーンの彗星が取れました。

・SV405CCは、薄明で空が明るくなる中、少しでも多くの枚数を取るため、最大ゲインで撮影…この結果、非常に荒れた画像になりました…画像処理でごまかしています。
・X5の写真は、ZTF彗星と西村彗星が同程度の規模で写っていますが、条件良く露出をかければ、西村彗星はもっと映るはずのような気がします…

・GPV/SCW予報は、8/21,22とも雨でしたが、実際は晴れており、当てにならず、対応が難しいです…8/24早朝も雨の予報ですが、良い条件で撮り直したいのですが、どうしようか迷っています。

8/23 21:23記 xmasax2023

578-1.jpg578-2.jpg578-3.jpg

2023/08/22
21日のStarlink G6-10
 薄雲の中、予報高度が低い上、明るさも4.3等と暗いのでどうかと思いましたが、なんとか撮影できました。
 山本さんも指摘していますが、予報光度よりも相当明るく見え、今回も肉眼で十分に確認できました。
 1機(30326?)だけ20秒余り先行して飛行していて、まるで水先案内人(?)のようでした。 (出口)

577-1.jpg577-2.jpg

2023/08/21
17日、18日のスターリンク衛星G6-10群
8月17日の夕方に、打ち上げから16時間後のスターリンク衛星G6-10群を撮影しました。
またその翌日にも撮影できました。この日は衛星群は非常に明るく1〜2等星ぐらいでした。

動画も撮っているので以下のリンクで見てください。

17日動画…… https://www.youtube.com/watch?v=PoDAjHF0lcE
18日動画…… https://www.youtube.com/watch?v=uPm0eoYpY0g

576-1.jpg576-2.jpg

2023/08/21
Comet Nishimura Information 20230821
☆★☆彡 みっか目の夜明け前
 Nishimura 彗星 ( c/2023 P1 ) ☆彡


     熱い日が続く空に湧く雲、
     夜明け前の低い空は、雲の海。
     夜明け前の雲を見た三日目の薄明開始の時、
     わずかに星々と彗星が見えました。
            by nazu

575-1.jpg575-2.jpg

2023/08/19
StarlinkG6-10 おおぐまからこぐまへ
2023年8月17日打ち上げのスターリンク衛星G6-10群の22機です。
空全体の薄雲に加え、雲の塊が次々と流れてくる悪条件でしたが、 なんとか撮影することができました。
おおぐま座からこぐま座へ進んだところで影に入っていきました。(出口)

574-1.jpg

2023/08/18
C/2020 V2 ZTF彗星
 約2ヵ月ぶりに天体撮影しました。この間、赤道儀をベランダに放置したままだったので、この夏の猛暑で赤道儀が故障していないか心配でしたが、何とか動きました…ただ、ちょっと怪しい動きがあるので、心配は払しょくしていませんが…
 今回は、新兵器のファーストショットとして、題記の彗星を撮影してみました。1枚目は、BKP200(FL1000mm, F5)+EOS Kiss X5+CBPでメトカーフ合成:26分、2枚目は61EDPHU(FL274mm,F4.5)+SV405CC+UHCで加算平均合成:5.17分です。
 SV405CCは冷却CMOSカメラで、初めてなのでパラメータ調整不足があるのか、色があまり出ず、写りは今一つで、KissX5のほうが、星の色が奇麗に撮れています。尚、両者は同期撮影したもので、両者の光軸が不一致なので、どちらの彗星を中央からずれています。

2023/8/18 22:04 記 xmasax@ひたちなか

573-1.jpg573-2.jpg

2023/08/15
ペルセウス座流星群
極大日もその前日も天気予報が雨だったので、極大の2日前に動画で撮影しました。
約1時間半の露出で25個のPer群が写りました。
(山本憲行)

572-1.jpg

- Topics Board -