天体写真+α

2018/04/16
初心に戻って、さそり座
★ さそりのお腹あたりの星々 ★
この写真のさそり座ζ星は、赤緯約-42度、伊勢での高度は
約13度と低いですが、南の山の端を飾る星がたくさん。
夏もいいですが、春の夜明け前も見ごろです。   nazu

197-1.jpg

2018/04/13
いて座新星・へびつかい座第2新星
13日未明にいて座とへびつかい座の新星を撮ったのでアップします。望遠鏡を出すのが面倒だったので 200mm望遠レンズでのお手軽撮影です。いて座新星は10.9等と明るいです。へびつかい座第2新星は12.0等星で望遠レンズでは限界に近くなってきました。 (山本憲行)

196-1.jpg196-2.jpg

2018/04/11
ISSと桜の風景
ISSが北極星に大接近して航行しています。透明度の悪い春の夜空でしたが、東大寺裏に咲いている枝垂れ桜を前景にして写しました。2枚目はオリンパスのミラーレスカメラによる画像で切れ目のない軌跡です。 (渡邉百樹 奈良市)

195-1.jpg195-2.jpg

2018/04/02
夜明け前の夏星座
★ 東南の空を流れる天の川 ★
東の空に陽の光を待つころ、南に目を向けると、まだ寒さを感じる春には
不似合いな夏の星座が見えます。その中を流れるのが天の川です。
星空はもう夏の準備なのでしょうか。   nazu

194-1.jpg

2018/03/31
桜と星の風景
奈良県大宇陀町の又兵衛桜です。例年、多くのカメラマンが押し寄せ、明け方に昇る天の川を背景に桜を撮影するのですが、今年は月明のため数名しか見かけませんでした。ライトアップはされていませんが満月前の月光浴の風景は幻想的です。(渡邉百樹 奈良市)

193-1.jpg193-2.jpg

2018/03/29
天宮1号
今朝撮った天宮1号です。渡邉さん(奈良)の経路が土星・火星の下を通過しているのに対して、神奈川では上を通過して行きました。天宮1号の軌道高が 200kmを切っているので差が大きく出たものと思います。また奈良と神奈川の経度差から、当方の方が早く夜が明けるので、撮影時には既に空は十分に明るく、肉眼では通過は見えませんでした。
※色々なサイトの落下予想日を見ていると、どうも4月1日に落下する可能性が最も高そうですね。  (山本憲行)

192-1.jpg192-2.jpg

2018/03/29
天宮1号
落下間近い天宮1号の今朝の飛跡です。光度は1.5等の予想でした。 (渡邉百樹 奈良市)

191-1.jpg

2018/03/29
おおいぬ座新星
中西さんからの情報にもありますが、3月24日に発見された 『おおいぬ座新星』 を撮影しました。12.0等星で発見されましたが、その後さらに増光しているようで、画像からは10.5等星と見積もりました。まだまだ明るくなって9等星台に突入しそうです。シリウスの近くですから探し易いと思うので、皆さんも撮ってみたらどうでしょう。 (山本憲行)

190-1.jpg190-2.jpg

2018/03/24
気候変動観測衛星 『しきさい』
昨年末(12/23)に打上げられた『しきさい』が やっと見える時期になって来ました。(これから9月まで毎日見えることになります。)
まだ条件は良くないのですが、しっかりと写ったのでアップします。(山本憲行)

189-1.jpg

2018/03/15
初心に戻って、散開星団
★ M35(ふたご座) M36 M37 M38(ぎょしゃ座)は空高く ★
日が暮れるころ、頭の真上を仰ぎ見ると、冬の星座 ぎょしゃ座、ふたご座が見えます。
その中でも、肉眼ではひとつの星のようにも見える散開星団があります。
空見をはじめたころを思い出し、写真におさめてみました。   nazu

188-1.jpg188-2.jpg188-3.jpg

- Topics Board -