天体写真+α

2022/10/17
Star Information 20221017
☆★☆ 夏の天の川が立った日 ★☆★

久々に、夕暮れに星が見え始めた秋の日
西南の山の端から、天の川が立ちました。
写りはもうひとつですが、
この夏、きれいな天の川って、見えなかったような。

                  by nazu

449-1.jpg449-2.jpg

2022/10/08
Star Information 20221008
☆★☆ オリオン座のアルファ星
 「ベテルギウス(Betelgeuse)」 ★☆★


近年、明るさの変動(低下)で、話題になっていましたので、
今年も、東空に高く昇るようになった赤色巨星を撮影しました。
どうやら、少ない変化におさまっているようで、
一年前の明るさとほとんど変わっていないような写真になりました。

AAVSO の Light Curve でも、この一年、少ない変化が記録されています。
                    by nazu

448-1.jpg

2022/10/08
試写
天気が悪く、ファエトンやトリトンの掩蔽観測はできませんでした。星野を撮っていて、もう少し「広角?」が欲しいことが多かったので、300mm単焦点(中古)を入手しました。その試写です。問題だらけですが、画角は期待できそうです。調整に時間がかかりそうです。(RAW 30秒×4枚 6400) 隣はフレームに収まりきらなかったε-180EDの作例(ファーストライト)です。    湯浅

447-1.jpg447-2.jpg

2022/10/05
魔女の顔とちょうこくしつ座銀河
10/1に撮影し、画像処理の終えた中から、次の2点をアップします。
1)IC2118/NGC1909 魔女の顔
 光害の酷いひたちなかでは、撮影が難しい、反射星雲です。
3分x20=60分では、全然、露出不足でしたが、何とか判るようになるまで、炙り出しました…やはり、光害の無い地への遠征が必要な対象です。
2)C65/NGC253ちょうこくしつ座の銀河
 視直径が大きい銀河です。こちらも3分x20=60分の露出をかけました。ただ、f=274mmでは星雲像がまだ小さいです…BKP130で撮りたい対象です。
xMASAx@ひたちなか

446-1.jpg446-2.jpg

2022/10/02
TCP J23580961+5502508
9月30日にCBATに掲載された「TCP J23580961+5502508」を撮影しました。
私の見積もりでは 11.8等星でした。 (山本憲行)

445-1.jpg

2022/10/01
IC405勾玉星雲
昨夜も、晴れてはいましたが、薄雲があり、また、しょっちゅう、雲が流れてきて、ガイドロストや撮影写真が雲に覆われることがありましたが、夜半になって落ち付いたところで、ベランダ撮影北限近くの一つ、ぎょしゃ座にある上記のIC405勾玉星雲(右)及びNGC1893散開星団(左)付近の散光星雲を3分x20=60分間露光した写真をアップします。
 この撮影前に、カリフォルニア星雲のリベンジ撮影2分x30=60分をしたのですが、後から見たら、KissX5がSDカードエラーが起きていて、写っていませんでした…残念!
 1時過ぎに、ちょくこくしつ座銀河を撮影しようとGOTOしたら、子午線越えで望遠鏡が大きく反転し、ガイド鏡と副鏡がベランダの壁に衝突して、光軸が大きくずれてしまいました。
 撮影はこれ以上できないので中止し、明るくなるまで、そのまま放置しようと思ったが、虫の知らせか、思い直して、望遠鏡を部屋まで戻して、片付けました。
 その後、WOWOWでLPGA女子ゴルフを見ていて、3時ごろトイレに行ったら、(GPV予報になかった)雨が降っていました…そのままにしないで良かった…危ない所でした…
XMASAX@ひたちなか
 
 

444-1.jpg

2022/09/28
プレアデス星団
 一昨日のカリフォルニア星雲撮影後に、撮影したM45プレアデス星団です。こちらは、屋根のひさしに干渉しないので、3minx20=60minの露出をかけました。GraXpertとStarnet++のおかけで、淡い青い星雲が出て、まずまずの仕上がりです。
 XMASX@ひたちなか

443-2.jpg

2022/09/27
若草山から天の川
昨夜は好天でした。日没後に若草山山頂の展望台から西南方向に立ち上がる天の川をC-MOSカメラCeres-Cで撮影してきました。f2.1mmの短焦点レンズを取り付け、センサー受光部に可視光カット赤外線透過フィルターIR74を置いて光害を遮断したつもりが、奈良盆地に広がる光の海には効果はありませんでした。  渡邉百樹(奈良市)

442-1.jpg442-2.jpg

2022/09/26
NGC1499カリフォルニア星雲- 改定
昨夜は久し振りに晴れたので、3か月ぶりに天体撮影しました。
 その中で、題記の星雲をアップします。この星雲は、高赤緯度にあるため、ベランダ屋根に遮られ、撮影可能な時間が短いので、自宅2Fベランダでの撮影が難しい天体の一つです。

 今回も、60sで4枚撮影時点で、屋根のひさしと干渉し、ガイドできなくなりました。この4枚をコンポジットし、GraXpertとStarNet++で画像強調処理したものをアップします。

 別メールで記載したように、3か月振りの撮影という事で、1)光軸合わせ:2台の望遠鏡とガイド鏡の光軸が大きく狂っていた点、2)極軸合わせ:ファインダ内にもアライメント星が入らないほど極軸ズレが大、3)SynScanProとStellaNavigatorが赤道儀を認識しない問題、4)赤道儀起動時のInitial Bit失敗, 5)Cano n6Dの電源が入らない事象...など問題点続出で、セットアップに3時間以上かかりました。

 おまけにセットアップできたと思ったら、雲の出現で中断したりし、当初、撮影予定の高赤緯度のM31とIC405勾玉星雲などは、この手間取りのため、天体に位置決めできた時には、既に屋根のひさしに隠れて、撮影できませんでした。
 それでも、枚数は少ないですが、カリフォルニア星雲の撮影はでき、なんとかボウズは免れました。本当は、3分で20枚くらい撮影したかったのですが、雲の出現もあり、1分に短縮した判断が、良かったと思います…でも、1分x4では、荒れていますが…
 XMASAX@ひたちなか

 画像が荒れていたので、ノイズ&ぼかし処理を追加し,撮影時刻のCAPTION漏れを修正したものを追加添付します。
 XMASAX@ひたしなか 2022/9/28 12:56に更新
 

441-1.jpg441-2.jpg

2022/09/12
はくちょう座の網状星雲
はくちょう座の網状星雲(南西側NGC6960、北東側NGC6992-5)をC-MOSカメラCERES-Cで撮影しました。センサー部が小さいので拡大率が大きく、複数の画像をつなぎ合わせています。ベールのような外観が綺麗ですね。 渡邉百樹

440-1.jpg440-2.jpg

- Topics Board -