天体写真+α

2023/09/26
オシリスレックス , エンケ彗星
24日22時ごろから、7年ぶり(?)に地球に帰還したNASAの小惑星探査機オシリスレックスを撮影しました。
自宅近くで南東の高度9°の空が見えるところまで30mぐらい電気コードを引っ張って望遠鏡を設置しました。
23h18mに撮影した動画にハッキリと本体が写りました。
並行して飛んでいるサンプルカプセルは残念ながら写りませんでした。動画は下記リンクから見てください。

  https://www.youtube.com/watch?v=PUHJYsbsMdg

せっかく望遠鏡を設置したのだから、朝方にエンケ彗星も撮影しました。かなり明るく写りました。
(山本憲行)

591-1.jpg591-2.jpg

2023/09/25
「どくろ」と「らせん」星雲
 C/2023 P1西村彗星は、夕方に遷った3夜、蒸し暑さで汗だくになりながら撮影を試みましたが、西の空の薄雲に邪魔され、写りませんでした。その時に比べると、随分と涼しく、快適になったものです。今回は、BKP200のFL1000mmによる題記の2個の惑星状星雲を自宅で撮影したので、アップします。
1)NGC7293 らせん星雲 (Helix Nebula)
 一昨年、昨年も写したおなじみの星雲です…月明かりがあったことを割引けば、露出時間が短い割には写ったほうでしょうか?

2)NGC246 どくろ星雲(Skull Nebula)
こちらは初めての撮影ですが、露出時間が足らず、「どくろ」には見えません…

2023/9/25 17:51 xMASAx@ひたちなか

590-1.jpg590-2.jpg

2023/09/21
小型月着陸実証機 スリム & R/B
21日未明に小型月着陸機スリムと打上げロケットH-2A-47号機が近地点を通過したので 200mm望遠レンズで撮影しました。
スリムとH-2AのTLEが逆じゃないかと疑っていましたが、やはり逆でした。いまは正常に戻っています。
両衛星とも大きく変光していました。(山本憲行)

589-1.jpg589-2.jpg

2023/09/16
☆ Star Information 20230916
☆★☆ 少し秋の気配の
      夜半には、すばる星。 ★☆★


     日付が変わる頃、東の空を仰いてみませんか。
     きっと、明るく輝く星を見つけることでしょう。
     最大光期にむかう木星です。 左には、M45
     プレアデス星団が、両者の中間には、天王星も
     ありますよ。     by nazu

588-1.jpg588-2.jpg

2023/09/11
10日朝の西村彗星+月探査機スリム
10日の明け方、快晴であったので平塚市北金目までプチ遠征して「西村彗星」を撮影しました。(自宅からはもう見えない)
天文薄明開始時の彗星高度は0.7°で、撮影時の高度は 6.0゜でした。
撮影時には既に航海薄明が始まっていたのでその明かりと光害と
低空のモヤ&薄雲に悩まされましたが、何とか写りました。1.5°弱の尾がありました。

なお、撮影の合間に9月7日にH-2A-47号機で打ち上げられたクリズム、スリム等も撮りました。
予定ではクリズム、スリム、H-2A最終段、下部フェアリング(左右)、アダプターの計6個の衛星が誕生するはずでしたが、公開されたTLEによると、更に2個のデブリが生じていて計8個の衛星が飛来しました。
そのうちの5個が写りましたが、TLEが混乱しているのかどうか
同定が難しいです。例えばスリムが写ったはずなのですが、どう見てもH-2Aとしか思えません。
スリムとH-2AのTLEが逆になっているのでは?と思っています。
(山本憲行)

587-1.jpg587-2.jpg

2023/09/07
Comet Nishimura Information 20230907
☆★☆彡 雲があっても見える、9月7日の
 Nishimura 彗星 ( c/2023 P1 ) ☆彡


     この日の伊勢、夜明け前はたくさんの雲が
     流れていきます。 太陽からの光は迫り、
     雲の切れ間もほとんどなく、それでも撮影。
     雲があっても、尻尾は見えてますよ。
            by nazu

586-1.jpg586-2.jpg

2023/09/07
7日朝 の 西村彗星
6日の夜は深夜12時過ぎまで雨が降っていました。SCW予報では雨は上がるものの朝方の天気は全くの曇り。今夜も西村彗星は諦めて就寝しましたが、3時40分に少し寒気を感じて目が覚めました。エアコンをOFFにして寝ようと思いましたが、念の為に外に出てみると、雲量7/10ぐらいで下弦の月が見えていました。東天は曇っているので、やはりダメかと思いつつも、この先の天気予報も台風13号の接近で芳しくないので、ダメ元で近く(500mぐらい)の東天が開けた場所へ行きました。低空には少し雲間があり金星が見えていました。雲はゆっくりと動いているので、雲間から彗星が現れるのを待って、どうにか撮れた画像をアップします。1.5°くらいの尾があります。雲が無かったらもっと良く写っただろうと思いますが、それは贅沢かな?
(山本憲行)

585-1.jpg

2023/09/03
2023/9/3早朝のC/2023P1西村彗星
題記の彗星を61EDPHU(FL=274mm)+SV405CC+UHCで60sx8=8minをメトカーフコンポジットしました。随分と明るくなり、尾もはっきり・長く写るようになりました(尾は1.8度以上)…ただ、薄明開始後24分からの撮影開始で空が明るくなっている点と満月過ぎの月明かりの点からか、尾の後半の「うねうね」は写っていません....

(1)実は、9/2早朝も、WOWOWでLPGAゴルフを見ていて、前半は3位タイと好調だった「しぶこ」が、後半INに入って3ボギーと転落し、見る気が失せたので、SCW予報は曇りでしたが、空の状況を見に行きました…東北東の低い空に雲が居座って動きそうもないので、望遠鏡をセットしないで傍観。しかし4時過ぎに雲が下がり、薄雲があるものの撮影可能なようでした。この時点で望遠鏡セットしても、夜明けで空が明るくなり、撮影に間に合いそうもないので、双眼鏡で彗星探しだけにしましたが、彗星があるあたりに見えませんでした…
(2)9/3早朝は、昨夜と同様にWOWOWでLPGAで「しぶこ」をみていた。同伴者は連続バーディ(結局、なんと6連続!)、一方、「しぶこ」は、惜しいバーディパットが連続で決まらず、Parばかりの悪いパターン…そのうち、昨夜と同じく、ボギー連発のパターンになりそうなので、気分転換に空を見たら、SCW予報に反して晴れていた。そこで、3時頃から望遠鏡をセットし始めたのですが、以下に示すトラブルがあり、撮影開始が4時過ぎと、天文薄明の後半になる時刻になってしまいました…だめもとで12分間撮影:
a. 赤道儀EQ6RのPower ONで"Both axes.....No response!"のイニシャルBITエラー発生。 注: BIT=Built In Test
b. α CMAで1st Star Alignmentしたら、副鏡61EDPHUとオートガイド用FMA135は、ほぼ真ん中に導入できたが、主鏡及び主鏡ファインダのFOV内にCMAαの影も形も見つからず…初めての経験で、理由が判らず、戸惑った…詳細な原因究明や、主鏡と副鏡の軸が狂ったと決め打ちして軸合わせするには、夜明けの空が近づくなか時間が足りないと判断し、主鏡撮影はあきらめ、副鏡だけの撮影に限定。
c.彗星導入前にSharpCapでプレートソルビングするも、何度か失敗…やっとソルブできDSIA表示したら、「目標が遠すぎて表示できない」とのメッセージ…訳分からず、これ以上、深入りする時間ないので、Stella Navigatorだけで彗星導入することに変更…61EDPHUのFOV右上にエメラルドグリーンの彗星が見え、彗星導入に一発で成功。

注: DSIA=Deep Sky Image Annotation(恒星や星雲名をそれらが表示されている画像の位置に表示する機能)

という訳で、やっと撮影したのがこれで、8分以降の画像は、空が明るすぎて尾がつぶれているので、コンポジットに加えず、ダメ元で撮影画像を仕上げたら添付のごとく好結果…朝、LPGAゴルフのLeader Boardを見たら、「しぶこ」は、後半バーディラッシュでToday―5、同伴者は前半6連続バーディでしたが、後半ボギー連発で崩れToday―3…うーん、判らないものですね…バスケもそうですが、途中が悪くても、諦めなければ、何とか結果が付いてくるということでしょうか…

2023/9/3 13:54 xmasa@ひたちなか記
2023/9/4 11:05記 ・誤記訂正と注記追加など一部判り難い表現を修正。
・9/4早朝は、久し振りの暴風雨で、撮影どころではありませんでした。
・昨日、彗星撮影に邪魔な東北東のプラタナスの木の一部の太い枝を3本伐採したのですが、伐採した枝が、落下せずに、そのままの状態で、他の枝に引っかかったまま、重すぎて動かせない状態でした。暗くなったこともあり、そのまま放置したのですが、この暴風雨で、それらが、どこかに吹っ飛ばないか心配です
⇒ 先ほど、風が少し収まったので見に行ったら、伐採した枝が、横倒しになって、途中の枝に引っかかっていました…大きな事故にならず、良かったです。

584-1.jpg

2023/09/01
9月1日の西村彗星
薄雲を通して尾が見える!

西村彗星、明るくなって来ましたネ。ちょうど彗星付近にのみ雲があって邪魔でしたが、その薄雲を通して0.5°以上の尾が写りました。
満月の月明と東京・横浜の光害と薄雲に邪魔され最悪のコンディションでしたが何とかなりました。
(山本憲行)

583-1.jpg

2023/08/28
Comet Nishimura Information 20230828
☆★☆彡 晴れた日、8月26日の
 Nishimura 彗星 ( c/2023 P1 ) ☆彡


     伊勢の夜明けの前の空は、いつも曇り雨
     光度は増加、高度は低下、ですね。
     唯一、晴れた日、があり、撮りました。
     そろそろ、月の光も加わります。
            by nazu

582-1.jpg582-2.jpg

- Topics Board -