天体写真+α

2022/02/04
月齢1.1
2日夕方に極細い月が撮れました。家や電線が邪魔ですが諸事情により移動できなかったので……
他に「みちびき1R」を初撮り。チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は尾が写りましたが、尾の方向が変?
山本憲行

403-1.jpg403-2.jpg403-3.jpg

2022/02/01
Star Information 20220201
☆★☆ 夜明け前、
  東南東の山の端に輝星 昇る頃
       ( Venus & Mars )★☆★


最近、太陽の光りが届きはじめる頃、山が空と交わる端に、
ひときわ輝きを放つ星が昇ってきます。
昨年末に西空にあった「宵の明星」が、太陽の西側にまわり
夜明け前、「明けの明星」として見えるようになりました。
右側には、今年末に接近を控える「火星」も見えます。
夜明け前の夏星座の中、「金星」の輝き、見てみませんか。
                      by nazu

402-1.jpg

2022/01/28
ひまわり7号 R/B
26日夕方に「ひまわり7号」を打ち上げた H-2Aロケット9号機の残骸を撮影しました。
また21日と26日には H-2A-45号機を撮影したが全く何も写らなかった。写らない理由は TLE が19日以降更新されていないので予報精度が非常に悪いためと思われます。つまり行方不明ってこと??
(山本憲行)

401-1.jpg

2022/01/15
Spring stars Informat 20220115
☆★☆ 春星座が東空高く
  りゅう座〜うしかい座〜おとめ座 ★☆★


新年を迎えた東空には、春の星座を飾る星たちが
高く昇っています。そんな空の星々を撮影しました。
りゅうが頭を出し、うしかいが真ん中に、その横には、
おとめが、右端にはカラスがいます。春はそこまで…。
              by nazu

400-1.jpg

2022/01/06
Star Information " 初心に戻って " 20220106
☆★☆ ひそやかな冬星座
      「いっかくじゅう座」 ★☆★


冬の日、日付が変わる頃、南空に目を凝らすと見えるのが、
「いっかくじゅう座」です。はなやかな「オリオン座」
「おおいぬ座」「こいぬ座」「ふたご座」に囲まれた、
冬の天の川の中、3.94等のα星以下の暗い星からなって
います。唯一、「ばら星雲」は良く知られています。
                    by nazu

399-1.jpg

2021/12/27
本日12/27のLeonard彗星:雲と電線に邪魔されました
 Leonard彗星ですが、昨夜は雲の無い好天で、上手く撮影できたのですが、題記にあるように、本日は、雲と電線に邪魔されました…彗星そのものは、まだ明るいままで、添付に示すように、オートガイド用のCMOSカメラでも、1sのリアルタイムで、核と短い尾が見え、はっきりと彗星だと認識できます。

xMASAx@ひたちなか

398-1.png

2021/12/25
H-2A-45号機
H-2A-45号機の打ち上げは予定より約1時間遅れましたが、無事にインマルサット-6を軌道に投入しました。H-2Aとしては初めてのスーパーシンクロ遷移軌道への投入でしたが、何事もなかったかのようにサラッと成し遂げました。
その後の1周目を飛行している姿を撮影したのでアップします。H-2A-45はヒヤデス星団のそばを通過して行き、直後に地球影に入りました。
なお、この次に良く見えるのは28日の深夜になります。 (山本憲行)

397-1.jpg397-2.jpg

2021/12/22
Comet Information 2021222
☆★☆ 伊勢の暮れる南西空にも、レナード彗星が・・・
     ( c/2021 A1 with Venus & Saturn )★☆★


晴天状態で暮れた伊勢の空、天頂から南西の山の端に続くグラデーションの空間には、
        「海王星」「木星」「土星」「金星」「水星」が
並んでいます。それに、華を添えるのが「レナード彗星」でしょうか。 小高い丘(村山砦)
とたくさんの電線見える南西の低い空を撮った写真には、「レナード彗星」と「金星」
そして、上の端に「土星」が写りました。      by nazu

396-1.jpg

2021/12/19
ふたご座流星群の大流星をGet!
 12/13,12/14早朝に撮影したふたご座流星群の流星チェックが、やっと終わりました。
 総枚数約3000枚の中で、1枚、大物が映っていたので、その写真をアップします。それは、写真左上に示すように、痕が盛大に残る、長さが20度もある大流星でした(写真はEOS6D+Sigma 35mmで13秒間撮影、痕も同時に表現するために、その後の4枚を比較明合成しました)。
P.S. 誤字2か所を訂正しました。

 xMASAx2021@ひたちなか

395-1.jpg

2021/12/19
金星とC/2021 A1 Leonard彗星
 昨夜(12/17)は、ひたちなか市は雨で撮影できず、本日(12/18)は、予定通り、晴れたので、本日しか撮れない金星とLeonard彗星のコラボをEOS 6D+61EDPHU(FL274mm)で撮影したものを添付します。
 今回、このEOS 6D+61EDPHUと、FL650mmの彗星アップを狙った EOS Kiss X5+BKP130との同期撮影に失敗しました。
1)第一の原因は、彗星が南西の低空にあり、ベランダ欄干との干渉がでるので、赤道儀のセットアップを変更し、赤道儀の足を延ばして高くしたことで、極軸アライメントが狂い、BKP130のFOV内に彗星を自動導入できまなかったことです。12/17深夜の雨が上がった後に、ドリフトアライメントで調整したのですが、不十分だったようです。61EDPHUの光軸は、金星とのコラボのために、金星と彗星の中間位置に変えていたので、FOVの大きい61EDPHUからの誘導もできませんでした。
2)第二の原因は、EOS6Dのシャッターが動作しなかったことです。調査の結果、リモコンケーブルのC3端子から出た直後のケーブルがキンクして断線していたためです。そのため、添付のEOS6D+61EDPHUによる写真は、リモコンなしで2秒タイマーで手押ししたものです。

 当初の目的であったコラボ撮影ができたので、BKP130のほうでも撮影しようとアライメントのやり直しや金星にアライメントしてステラナビゲータの同期位置を修正したりして、なんとか導入に成功した時には、時すでに遅しで、高度が低くなりすぎて、電柱や電線に架かるようになり、その後、地平線に沈んでいきました…残念。かろうじて撮影できた彗星を2枚目に添付します(1枚ものなので、データは未記入です)。中央にあるオレンジ色のものが彗星です。その右上は、飛行機です。

 xMASAx@ひたちなか

394-1.jpg394-2.jpg

- Topics Board -